TANNOY

TOP > TANNOY


TANNOY 概要

TANNOY社は1926年に設立して以来、固定設備マーケット、SRマーケット向けに製品を開発 / 販売してまいりました。その中でも有名な同軸ドライバーは第三世代にまで至り今なお進化をしています。


この他、特許を取得しているICTドライバー、ビーム・ステアリング技術を投入したQFlexシリーズなど豊富なラインナップを揃え、様々なアプリケーション、用途に導入されています。

TANNOY本国WEBサイトはこちら

 


製品

天井取付型

会議室や講義室、ショップ、ショッピングモールなど幅広いアプリケーションで採用されています。

天井取付型の詳細とスペックはこちら

 

壁掛け型

防塵防滴仕様や景観に配慮したスタイリッシュなモデルがラインナップ。屋内施設はもちろんのこと屋外での使用も可能なオールラウンドスピーカーです。

壁掛け型の詳細とスペックはこちら

 

ペンダント型

照明器具や空調システムと共に空間デザインに溶け込むシンプルなデザインでショッピングモールや吹き抜け商業施設などの設置に適しています。

ペンダント型の詳細とスペックはこちら

 

ポイント・ソーススピーカー

SRの用途や小規模固定設備においてもオーディオ・クォリティにこだわった、TANNOY社オリジナルの同軸ドライバーを搭載した製品がラインナップされています。

ポイント・ソーススピーカーの詳細とスペックはこちら

 

サブウーファー

固定設備からポータブル・ライブPAまで幅広いアプリケーションに対して高品位な低域補完を提供します。

サブウーファーの詳細とスペックはこちら

 

コラム型

垂直軸の下方向にカバーエリアを拡張する非対称垂直拡散機能「FASTTM (Focused Asymmetrical Shaping Technology)」を搭載したVLSシリーズ(パッシブ)をラインナップしています。
会議室や視聴覚室、博物館、レストラン、ショッピングモール、体育館などの屋内使用に加え屋外での使用も可能です(IP65準拠)。

●コラム型の詳細とスペックはこちら

 

ステアリング型

垂直軸方向をソフトウェアで可変(ステアリング)できるQFlexシリーズ(パワード)をラインナップしています。講演会のスピーチ、会議室での発言、ショッピングモール、駅、空港などのアナウンスといった内容を適切に伝える場所に適しています。

ステアリング型の詳細とスペックはこちら

 

スピーカー・オプション

天井取付型スピーカー用のグリルや非吊り天井向けの金具をご用意しております。

スピーカー・オプションの詳細とスペックはこちら

 

取付金具(設備用)

壁掛け型、ポイントソーススピーカー、コラム型スピーカー専用の取付金具をラインナップしています。

取付金具(設備用)の詳細とスペックはこちら

 

インターフェイス

VNETインターフェイス及びアクセサリーをラインナップしています。

インターフェイスの詳細とスペックはこちら

 



テクノロジー

Dual Concentric Driver™


革命的なシングルマグネット仕様の第三世代同軸ドライバー。

1947年、TANNOY社はポイント・ソース・トランスデューサーを開発しました。Dual Concentric Driver™と呼ばれるこの同軸ドライバーはウーハーの中心にツィーターをはめ込むという革新的なアイディアが盛り込まれ、水平垂直方面への均一な音の放射を実現しました。これにより抜群の定位感、耳に優しいサウンドが得られます。

Dual Concentric Driver™は開発から70年以上経った今も受け継がれている、真のポイント・ソース・ドライバーと言えます。

●Dual Concentric Driver™についてより詳細な解説はこちら




ICT Driver™ (Inductive Coupling Technology)



ICT Driver™は、TANNOY社が特許を取得している「クロスオーバー不要」のワイヤレス電磁誘導ツィーターを使用しているドライバーです。

ジェラルミン・ドーム・ツィーターはウーハーの中心に埋め込まれており、ボイスコイル内で発生する磁場に電磁誘導されて発音します。ウーハーが故障しない限りツィーターが鳴り続けますので耐久性が要求されるBGM、PAに適しています。同軸上にツィーターがありますので抜群の定位感を得ることができ、心地よいサウンドを提供します。

●ICT Driver™についてより詳細な解説はこちら

この他のテクノロジー

  • ●第三世代目のデュアル・コンセントリック・ドライバー
  • ●Q-Centric
  • ●FAST
  • ●Beam Engine

についてより詳細な解説はこちら


会社沿革

1926年
Guy R. Fountainがタルスメア・マニュファクチュアリング社をロンドンで設立。その後、スコットランドのコートブリッジに本社を移し、”TANNOY”を商品登録、社名をGuy R. Fountain Limitedに変更

1928年
Tannoy社に社名変更

1930年代
スピーカーブランドとして革新的な設計者、製造業者の一つとして広く認知される

 

1940年代
有名なスポーツ会場や州のイベント会場といった公共設備、さらに戦時下の国防省にPAシステムを提供

1947年
デュアル・コンセントリック・ドライバー(DC)がデビュー

1990年代
商業設備マーケットに焦点を合わせプレミアムシーリングスピーカーの発売を開始

2014年代
Tannoyは第三世代目となるDCドライバーを発売

~現在
Tannoyはミュージシャンにも選ばれるツールに