TOP > メディア > 高峰楽器製作所様にTurbosound TFX152M-ANを導入いただきました
お知らせ
2019/06/14

高峰楽器製作所様にTurbosound TFX152M-ANを導入いただきました

beetech
メディア

高峰楽器製作所は「ものづくり・音づくり・人づくり」探求心をもってものづくりに取り組み 心を動かす音作りを通して 豊かな音楽生活とひとづくりに貢献します。を基本理念に、50年以上前から岐阜県中津川市においてギターを作り続けています。
楽器メーカーという事もあり、音楽という形で地域に貢献したチャリティーコンサート「ふれあいコンサート」が年3回程度不定期に行われています。
今回、その37回目になるこのコンサートで、導入いただいたTurbosound TFX152M-AN を使用されるとの事で、現場を訪問してみました。社内2Fのホールで開催され、200人を超えるオーディエンスを集め大盛況でした。

フットモニターとして2台 ーー サイドフィルとして舞台両そでに各1台

 第37回「ふれあいコンサート」の舞台

コンサートの運営スタッフはほぼ社員の方々で行われていました。モニターは手軽に使えるアンプ内蔵のもの、それでいて音質にもこだわり最適なものを選ぶのに随分悩まれたようです。舞台の見映えを考慮して背丈の低いもので、当初12インチを検討されていたようですが、ギターのボディーをパーカッションのように叩いて演奏する“重い低音”を好むプレイヤーなどにも余裕をもって対応できるように最終的に15インチのTFX152M-ANを採用いただきました。更に、Turbosoundパワードモニターはアンプ出力の異なるモデルが用意されており、アコースティックギターのコンサートが中心であることから1100WのTFXシリーズにより最適な選定が出来たようです。

終演後のエントランスホールの風景 ーー 奥には(今年創立57周年)幾つかの節目の年に製作されたギターが展示されていました

Turbosoundを選んでくださった寺崎誠氏は、InterBEEや弊社が出展した展示会に遠くから何度も足を運んでくださいました。たくさんの肩書き(取締役、生産本部長兼営業部長、アーチストリレーション、ギターテキクニシャン・リペア)をお持ちで、多忙な毎日を過ごされているようです。

 Turbosoundを選んでくださった寺崎誠氏(手前)

第37回「ふれあいコンサート」の舞台


株式会社 高峰楽器製作所
〒509-9296 岐阜県中津川市坂下3370番地1
TEL: 0573-75-4185
https://www.takamineguitars.co.jp/

Facebookで更新情報をチェック!