TOP > ブログ > 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールの大ホール、中ホールにLM26が導入されました
導入事例
2021/03/24

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールの大ホール、中ホールにLM26が導入されました

Keigo Tomita
ブログ

びわ湖が一望できる好立地にあり、音響家が選ぶ優良ホール100選にも選ばれる滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールは、1,800席を超す大ホールに加えて中ホール、小ホールを付帯する劇場です。

オペラ・バレエなどの舞台芸術専用のホールとして長年文化発信の拠点として市民やアーティストに愛されてきたびわ湖ホールの大中小3ホールがこの度音響設備の更新を行い、大ホールと中ホールに10台ずつ、計20台のLake LM26(デジタルオーディオ・ラウドスピーカー・プロセッサー)が採用されました。

Lake LM26の導入についての動機や感想について、びわ湖ホールの舞台技術部部長代理 押谷 征仁氏にお話しを伺いました。

大ホール:1848席

大ホール(中ホール)アンプ室

・本日はお忙しい中、お時間を頂きましてありがとうございます。びわ湖ホールはDolby Lake時代から長年Lake Controllerを使用されていましたが、今回 大ホールと中ホールにLM26を導入することになった決め手は何だったのでしょうか。

押谷氏:Dolby Lakeの頃に出会ったMESA EQ(畳み込み技術のよるイコライザー)のクオリティに感動して、なんというか音を通すだけでも解像度が高くなり、その音が気に入ってこれまで使っています。EQの良さもそうなんですが、クロスオーバーのつながり、特に1kHzあたりのつながりがすごく良いですね。

信頼性もあるDolby Lakeの次を探すとなると他には選択肢はなく、今回は迷いなくLM26になりました。

中ホール:804席
中ホール コントロールルーム

・現場での使いやすさも決め手の一つになりましたか?

押谷氏:はい。タブレットでも使えますし、見た目も分かりやすいですし、オペレーターもLakeに慣れ親しんでいるので。

・確かに先ほどもオペレーターの方へ最新のLake Controllerの取り扱い説明をしようとしましたが、「そこは知っているので大丈夫です。」といった答えが多く、結局PCのファイルの保存場所が新しくなっていることだけをお伝えしました。

押谷氏:確かに日常でLake Controllerを使っていますので(笑)問題はPC側でしたね。Dolby Lakeは現在販売しているPCへの対応が難しく、長年Windows XPで使っていたのですが、PCがそろそろダメになりつつあるので、最新のPCに対応しているLM26への移行が進みました。

・小ホールにはAdamsonのスピーカーが導入されましたが、専用アンプであるLab.gruppen PLM12K44で使用できるLake Controllerも1つの要因にはなりましたでしょうか?

押谷氏:結果的にLake Controllerを使えるといった面はとても大きいですね。今後はLake Controllerが使えるLab.gruppenのアンプで色んなスピーカーの音を聞いてみたいです。



小ホール アンプラック, 常設メインスピーカー Lab.gruppen PLM12K44 x1, 移動用ラインアレイスピーカー Lab.gruppen PLM12K44 x2
ステージフロント Lab.gruppen D40:4L x1, ホワイエスピーカーLab.gruppen IPD1200 x2

・LM26の導入にあたってスペースや予算、周辺機材との相性問題などの障害はありましたか?

押谷氏:特にはなかったですね。 予算とかももちろんありますが、音質が導入する一番の決めてとなります。

このホールは耳の良いお客様が多く訪れるので、オペラなどは基本生音ですが、建築音響の響きに合うS/Nの良さや、解像度などシビアな音作りのできる機材を選定しています。

自主事業としてオペラの公演を行っていますが、ヨーロッパのオペラハウスを知っている歌手やお客様、事業部の方など、本当に耳の良い人たちを納得させる音作りに最も注意しています。

・最後に、これからのびわ湖ホールの展望を教えて下さい

押谷氏:既に動いているのですが、地方から全国に発信するツールとして「配信」を選びました。今の時点で全国を探しても劇場職員がメインとして配信事業を行っているホールはここだけかと思います。

今はこの配信を見て頂いて、コロナ禍が収束に向かったのちにお客さんが戻ってきやすい環境を整えるということを目指しています。

その為、カメラやスイッチング機材、キューシートを準備して有料配信を行っています。

※インタビュー時(2020年2月)には中ホールからオペラをライブ配信していました。
ライブ・アーカイブ配信の詳細はこちら

それから、システムというものは劇場を建てた時の機材もそうですが、建設時の思想やクオリティもあるので、それを崩さないように改修をおこなっております。その時代にあった良いクオリティの製品を選定しています。

私たちはサービス業です。いかにお客さんに喜んでもらい、驚いてもらうかだと思っているので「この劇場の音は他と違うね」と思ってもらえる劇場にしていきたいです。

・本日はありがとうございました。

後方左から びわ湖ホール 押谷氏、ヤマハサウンドシステム株式会社安田氏、阿部氏、鈴木氏、びわ湖ホール 丹後氏
着席 びわ湖ホール 古宮氏、平崎氏、迫田氏、川島氏

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

〒520-0806
滋賀県大津市打出浜15-1
TEL: 077-523-7133
FAX: 077-523-7147

HP: https://www.biwako-hall.or.jp/


納入施工業者
ヤマハサウンドシステム株式会社

本社

〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町41番12号 KDX箱崎ビル
TEL:03-5652-3600

大阪営業所
〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-18
TEL: 06-6301-7263

HP: https://www.yamaha-ss.co.jp/

関連記事