取扱ブランド一覧

  • Turbosound
  • LAB.GRUPPEN
  • lake
  • TANNOY
  • TC Electronic
  • LaON Technology
  • ブランドスライダー2
絞り込み検索 search

製品ラインナップ

TC Electronicについて

1976年、TCエレクトロニックは、デンマークのオーフス郊外でキム兄弟とジョンリショイ兄弟によって設立されました。 彼らはミュージシャンとしての経験を活かして、今や伝説的なステレオコーラス/フランジャーギターペダル、またはシンプルなSCFを開発しています。 その豊かな色調、低ノイズレベル、透明な特性で賞賛され、現在では伝説的なSCFは40年間生産され続け、今日もなお求められています。

ギターペダルの最初のラインが成功した後、TCエレクトロニックはスタジオギアに向けて方向転換し、象徴的なTC2290を含む、ラックマウントのエフェクトプロセッサを開発します。 2290はこれまでに設計された中で最も優れたサウンドディレイユニットの1つと見なされ、世界中のスタジオの主力となり、2015年にTEC殿堂入りしました。

1998年、TCグループを結成。 その後数年にわたって、このグループには、TANNOY、Lake、TC HELICON、LAB.GRUPPEN、TC APPLIED TECHNOLOGIESなど、多くのプロフェッショナルオーディオブランドが加わっています。

2000年にはTC Electronicの革新的なダイナミクスおよびエフェクトプロセッサであるSystem 6000は、プロオーディオの世界を席巻します。 このユニットはすぐに映画業界と音楽業界の両方で著名なツールになり、信号処理テクノロジー/ハードウェアでTECアワードを受賞します。

最初のTonePrintペダルが2011年のNAMMで発表されました。 これらのペダルは、スマートフォンを使用してギターペダルにカスタムエフェクトプリセットを送信する機能を備えており、ミュージシャンやトーンの微調整者にあらゆる種類の新しい音響の可能性を開きます。 同じ年、世界初のポリフォニックギターチューナーであるPolyTuneは、TC Electronicで11回目のTECアワードを受賞しました。

TC Electronicは、2013年にベストセラーのDitto Looperペダルで新境地を開拓しました。ギタールーパーのあり方を完全に再考し、シンプルなワンノブ・レイアウトを採用しています。 Dittoはシンプルさと音質に重点を置いており、世界中のギタープレーヤーにとってすぐにヒットし、不可欠な練習ツールになります。

2015年、ミュージックグループがTCグループを買収。 買収後、TCエレクトロニックはBehringer、 Bugera、Midas、Turbosound、Klark Teknikに加わり、後にミュージックトライブに発展します。

そして現在、TC Electronicはプロオーディオ業界の中で最も要求の高い顧客層を有し、トップ・アーティスト、レコーディング・スタジオ、テレビ、ラジオなどの放送局、劇場などの設備、PA会社等々、あらゆるアプリケーションに対応した製品を開発、販売しています。

TC Electronicの関連記事

サポート・メンテナンス

製品の仕様や使い方がわからない、修理や部品の交換などご相談・ご依頼はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

納入に関するご相談など、当社へのお問い合わせはこちらからお問い合わせください。

TOPへ戻る