TOP > ブログ > 【Neets Blog】Neets製品と照明コントロール
トピックス
2021/02/12

【Neets Blog】Neets製品と照明コントロール

Keigo Tomita
ブログ

*本記事はNeets本国スタッフによるコーポレートブログを和訳したものです

教室や会議室においては、AVシステムとその部屋の環境を一体で制御できることは非常に理にかなっています。プレゼンテーションを行う時間帯によって窓からの光に悩まされたり、一部の照明が追加で必要になることがあります。

窓のある部屋の場合、部屋の調光には2つの方法があります。 ブラインドやカーテンの使用、または照明器具の使用になります。 窓が無い部屋では、照明器具を使用して部屋の照明を管理します。Neetsでは、部屋の調光を制御するさまざまな方法をサポートしています。

Neets

Neetsコントローラーを使用して高電圧リレーを介した照明制御を使用すると、照明のオンとオフを切り替えることができます。

 

KNX

KNXインテグレーションを使用すると、KNX用に作成された8,000以上のデバイスで、キーパッド、調光器、日除け、および高電圧ACとの完全な双方向統合が可能になります。 これらを使用するために必要なのは互換性のあるNeetsコントローラーとKNXライセンスだけです。 KNXと統合する方法の詳細については、こちらの記事を確認してください。(現在は英語のみとなります)

Supported KNX interfaces
Where do I find the KNX group addresses that i want to control?
How do I create KNX sequences?
How can I debug KNX?

 

DALI

DALIライティングは主に商業施設で使用され、通常、小売店やレセプション、ロビーなどの公共スペースで使用されています。DALIライティングを使用するメリットは、調光機能が照明器具またはLEDドライバーに直接組み込まれているため、照明器具を駆動するバックエンドシステムのような大規模なシステム構築の必要がないことです。

デメリットとしては、通常、単一のシステムでの使用が64個または128個のDALIフィクスチャに制限されていることです。これは一見多いように聞こえるかもしれませんが、実際には、予想よりも早くその制限に達してしまいます。DALIライティングは、単一で使うよりも他と統合して使う方が良いかもしれません。その場合は新規設備なのか、既存のシステムに統合するかに依存します。

既存のシステムへの統合(別のシステムを介して)
KNXまたはLutron等の既存のシステムがある場合は、DALIインターフェイスを最後に追加して既存システムを介して制御する方が良い場合があります。その後すべての制御を1つのシステムに統合します。

新規設備の構築の場合(ニートからDALIに直接)
照明制御システムを一から構築し、DALIライティングを制御する必要がある場合のために、DALIバス上のデバイスを制御できるFoxtron DALInetインターフェースまたはHelvar Digidim 9xx シリーズ用のドライバーを用意しています。Neetsデバイスは、IPを介してDALIインターフェイスと通信します。

 

DMX

DMXライティングは、主にプロフェッショナルAVの現場で使用され始めた技術で、コンサートやテレビ番組などの舞台照明や効果を制御するために使用されており、現在、商業空間でのRGB照明にも非常に多く使用されています。また、単一のコントローラーで512チャンネルの制御が可能であるため、DMX512という名称でも呼ばれます。一般的なLEDコントローラーは、通常3チャネル(赤、緑、青)または4チャネル(赤、緑、青、白)を使用します。

既存のシステムへの統合(別のシステムを介して)
DALIと同様に、KNXまたはLutron等の既存のシステムへの統合の場合は、DMXインターフェイスをそれらの端から追加して、システムを介して制御することが理にかなっている場合があります。その後すべての制御を1つのシステムに統合します。

新規設備の構築の場合(ニートからDMXに直接)
照明制御システムを一から構築し、DMXライティングを制御する必要がある場合のために、DMXバス上のデバイスを制御できるエンジニアリング・ソリューションDMXエンジン用のドライバーを用意しています。

Neetsデバイスは、RS232を使用してDMXインターフェースと通信します。 DMXライティングと統合する方法の詳細については、これらの記事を確認してください。 (現在は英語のみとなります)

Can I control DMX with Neets Control system?
TIP: Color wheel for RGB lighting

 

Lutron

Lutronドライバーは、Lutron QSE-CI-NWK-EやLutron RadioRa 2メインリピーターなどのIP / RS232インターフェースを介してLutronインテグレーション・プロトコルを利用するLutronシステムで使用できます。

 

RAKO

RAKOワイヤレス照明用のRAV232インターフェース・ドライバーを利用することで、NeetsコントローラーはRAKOワイヤレス照明システムと通信可能になります。

 

Philips Dynalite

Philips Dynalite用のDCM-DyNet インターフェース用のドライバーを利用することで、NeetsコントローラーはRS485インターフェースを使用してPhilipsDynaliteシステムとの統合が可能になります。

 

P5 Future Now

ダイレクトIP調光/スイッチングとNeetsコントローラーとを直接統合するシンプルな照明システム用に、P5 FutureNowが製造したダイレクトIP制御の調光器とスイッチのデバイス用ドライバーを用意しました。こちらでデバイスを参照してください。FNIP-6x2ADおよびFNIP-12xPWM用のドライバーが利用可能です。

 

・NEETS製品の一覧と詳細はこちら

関連記事