TOP > ブログ > TANNOY社 AMSシリーズの強みとは?
トピックス
2021/10/01

TANNOY社 AMSシリーズの強みとは?

Keigo Tomita
ブログ

ショッピングモールや空港、駅、テーマパーク、屋上庭園など、屋内屋外を問わずオールラウンドな環境で高品位なサウンドを提供できる強力なアイテムをご紹介します。

最高水準の防塵・防滴



TANNOY AMSシリーズは店舗等の空間に自然に溶け込むエレガントでスタイリッシュなデザインでありながら業界最高水準の防塵・防滴規格IP65に準拠したタフなスピーカーです。

※防塵・防滴規格IP65 とは
防塵6級:粉塵が内部に入らない(耐塵形)
防水5級:あらゆる方向から直接噴流を受けても内部に水が入らない(防噴流形)

モデル解説

モデル  AMS 5DC   AMS 5ICT   AMS 5ICT LZ   AMS 6DC   AMS 6ICT   AMS 6ICT LZ   AMS 8DC 
スピーカー径  5インチ   6インチ   8インチ 
ドライバー DC ICT DC ICT DC
インピーダンス Hi-z , Low-z Low-z専用 Hi-z , Low-z Low-z専用 Hi-z , Low-z
 寸法(HxWxD)mm  250x155x204 367x230x269  412x260x306 
黒モデル/白モデルあり

ドライバーの特性で選べる2モデル

AMSシリーズには2種類のドライバーを搭載したモデルがラインナップされています。

DC

TANNOY社伝統のDC(Dual Concentric = 同軸)ドライバーモデルで、低域ドライバーの中心部に高域ドライバーが埋め込まれており、“同じ軸上から同じタイミングで”発音される仕組みとなっています。これにより水平垂直方向へ均一な音の放射を実現、バランスが良く心地よいサウンドを得ることができます。

Dual Concentric DriverTM Technologyの技術解説はこちら

ICT

ICTドライバーはとてもユニークなドライバーで、低域ドライバーの中心部(ボイスコイル)で発生する磁場に高域のツィーターが電磁誘導されて発音する仕組みになっています。この技術もTANNOY社独自のもので低域ドライバーが壊れない限り高域が鳴り続ける耐久性の高いスピーカーです。ICTドライバーも水平垂直方向へ均一な音の放射を実現、心地よいバランスの取れたサウンドを得ることができます。

TANNOY ICT DriverTM Technologyの技術解説はこちら

ボディカラー

ボディカラーは黒色と白色があり、ヨーロピアンテイストな洗礼されたボディデザインとなっています。

付属品

どのモデルにも『コの字型の金具』と『防塵/防水の端子カバー』が標準で付属しています。

マルチアングルブラケットでお好みの角度に設置可能



AMSシリーズを壁面に取り付けるためのオプションブラケットが用意されています。このブラケット自体、小型で目立ちませんのでAMSのスタイリッシュなデザインを崩すことなく自由な角度で壁に取り付けることができます。

 



屋外で使用できるスピーカーは数多く存在しますがAMSシリーズはスタイリッシュで雨風埃に強く音のバランスも良いので様々なシチュエーションで満足のいくサウンドを得ることができます。



TANNOY AMSシリーズ一覧 https://beetech-inc.com/brand/products/index.php/search?cell029=&keyword=AMS

TANNOYがもっと分かるブランドページはこちら

お問い合わせフォーム https://beetech-inc.com/contact.html

お電話 03-6661-3801(9:00~18:00:土・日・祝日は除く)

関連記事