LAB gruppen

TOP > 取り扱いブランド > LAB gruppen

  • facebook
  • twitter
  • YouTube

Lab.gruppenの起源は1979年に遡ります。スウェーデンのクングスバッカの小さな電子機器修理店の若きリペアマンだったKenneth Anderson(ケネス・アンダーソン)とDan Bavholm(ダン・バウホルム)の二人が初めて作ったプロダクトは、ハンドメイドのミキシングコンソールでした。
やがて、ケネスの革新的な回路を設計する豊富な知識と、ミュージシャンでもあったダンの良き音に対する熱い情熱をもって、彼らはその後のLab.gruppenのパワーアンプ技術の基礎となるギターアンプを世に送り出しました。
そのギターアンプの技術を業務用パワーアンプに進化させ、その音質と過酷な使用環境の中でも常に安定したパフォーマンスを提供する堅実なクラフトマンシップにより、Lab.gruppenのパワーアンプ評判は瞬く間にヨーロッパのみならず、世界中に広がって行く事になりました。
1988年には始めてのSwitch Mode PSUを世に送り出し、続いて1990年にはケネスが2年間かけて開発した出力回路をであるClass-TDを搭載したLab2000を発表しました。この技術は現在も進化を続け、Lab.gruppenのコアを担う、重要なテクノロジーとなっています。
その後もユニークで革新的な数々のテクノロジーを開発し、現在ではライブサウンドのみならず、ホール音響、商業施設向け音響などの固定設備音響の分野にまでラインナップを拡張し、広く世界中で選ばれ続けています。
時代と共に進化し続けるテクノロジー、それがLab.gruppenの真髄です。

  • 製品画像

    PLM+シリーズ

    ライブSRで定番のLakeプロセシング・テクノロジーと、Lab.gruppen社最高峰パワーアンプ・テクノロジーを融合したフラッグシップモデルです。

  • 製品画像

    FP+シリーズ

    R.SMPSスイッティングモード・パワーサプライとClass-TDテクノロジーにより、高密度パワーと透明度の高いナチュラルな音響特性を実現したパワーアンプです。

  • 製品画像

    IPDシリーズ

    ネットワーク統合型DSPを搭載し、高効率アンプ・テクノロジー「IDEEA(IntelliDrive Energy Efficient Amplifier)」を搭載した1Uコンパクトサイズのパワーアンプです。

  • 製品画像

    Dシリーズ

    PLMシリーズのコアテクノロジーをベースに開発されたDシリーズ3機種、高効率パワーアンプテクノロジー「IDEEA」のSlimline3機種で構成されています。

    • 製品画像

      Cシリーズ

      FP+シリーズと同じコアテクノロジーを採用したCモデル5機種、低パワー/商業用アプリケーションに適したC...Xモデル4機種で構成されています。

    • 製品画像

      Eシリーズ

      高効率アンプ・テクノロジー「IDEEA(IntelliDrive Energy Efficient Amplifier)」を搭載したパワーアンプです。Energy Star v3.0に適合しています。

    • 製品画像

      Luciaシリーズ

      DSP搭載の設備向けClass-Dパワーアンプです。出力パワーとI/O仕様、対応インピーダンスの異なる6機種をラインナップし、Energy Star v3.0適合しています。

    • NomadLink

      FP+/Cシリーズのリアルタイム・モニタリング&コントロールを実現します。最大16サブネット(1サブネット=最大60台)を接続可能。