lake

  • facebook
  • twitter
  • YouTube

1990年初頭、デジタル・シグナル・プロセシング・アプリケーションの研究/開発を目標とした団体を立ち上げるべく、David McGrath(デビット・マクグラス)、Brian Connolly(ブライアン・コノリー)、Marcus Altman(マーカス・アルトマン)の3人は、オーストラリアのアデレードに拠点を構えます。そのオフィスの近くにあった美しい湖にちなんで、その団体をLakeと命名しました。やがて、規模を拡大し、シドニーに移転、Huron Digital Audio Workstationを創設します。ここで開発されたDSPには、後のSRアプリケーションで採用されることになる高度なアルゴリズムが搭載されていました。
1990年中頃、ツアーサウンドエンジニアだったBruce Jackson(ブルース・ジャクソン)とLakeのDavid McGrathが手を組み、SR向けのデジタル・プロセッサーの開発に着手、そのポテンシャルにいち早く気付いた、Clair Brothers社が開発をバックアップする形で、Clair Technologies LLCが設立されま。そして2001年。Lake Contour Pro26が世に発表されることになりました。
2004年にはDolby Laboratories社に買収され、より広範なライブアプリケーションに対応したプレミアムDSPプラットフォームDolby Lake Processorが完成しました。
2006年には、Dolby社とLab.gruppenが提携し、パワード・ラウドスピーカー・マネージメント・システムのPLMシリーズに搭載が決定し、翌年、PLM10000Qが発表されました。
2009年、Dolby社のライブ・マーケットからの撤退を機に、Lab.gruppenが商標、及びDolby Lake Processorのテクノロジーの権利を獲得し、現在はLab.gruppenの拠点である、スウェーデンのクングスバッカに統括され、更なる研究開発が進んでいます。
今日も、あらゆるシステムに対して柔軟にインテグレートできる究極のスタンドアローン・プロダクトの開発に邁進しています。

  • LM26

    アナログ2イン/6アウト構成のラウドスピーカー・プロセッサー。マルチウェイ・ラウドスピーカーのクロスオーバー/ディレイ/EQプロセシングに最適なモデルです。

  • LM44

    アナログ4イン4アウト構成のあらゆるシステムに対応するシグナル・プロセッサー。
    システムEQとしてだけでなく、8×8AES3 I/O、4×8DanteネットワークI/Oで柔軟なシグナル・ルーティング
    も実現します


  •  


  •